社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
341/390

通所リハビリテーションでは、身体機能の維持・向上を図るとともに、身体機能の変化を客観的に評価する場でもあると考える。そのため、可能な限りケアマネージャーとの連携を密にし、担当者会議においても情報提供をするとともに、在宅生活におけるアドバイスができるように対応している。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������3.学術・研修学会発表2010.5.28高橋静恵第46回日本理学療法学術大会,宮崎市.「脳卒中患者がGaitSolutionDesignを活用するためのリハビリテーションプログラムの一例」(白木小百合)●事務部門●事務部門1.概要・スタッフ構成・地域在宅医療支援センター事務部門は、平成23年6月の慈泉会組織改定で地域在宅医療支援センターに所属する管理事務部と相澤地域在宅医療支援センター松本庶務、相澤地域在宅支援地域在宅医療支援センター―325―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です