社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
334/390

●リハビリ科●リハビリ科1.概要・スタッフ構成���������������������������������������������������������������������������������������松本市(旧四賀村、梓川村を含む旧松本市)、塩尻市、山形村、朝日村、安曇野市、生坂村、筑北村、麻績村を主の訪問エリアとして、相澤訪問看護ステーションひまわり、相澤訪問看護ステーションひまわり安曇野サテライト、相澤訪問看護ステーションひまわり塩尻事業所より訪問業務にあたっている。���������������������������������������������������������������������職員は全て訪問リハセンターリハビリ科と兼務であり、各訪問看護ステーション及びサテライトを経由し訪問リハビリテーションを提供している。平成24年3月末現在、利用者数は151名。同月の訪問件数は830件。年間のべ訪問件数は、6272件であった。勤務・訪問エリア理学療法士作業療法士言語聴覚士ひまわり松本北チーム841松本南チーム831塩尻事業所631安曇野サテライト621*統括者(PT)1名を除くスタッフ配置(人)2.今年度の取り組みと成果平成23年10月22日〜23日に、当科が事務局となって「第2回長野県訪問リハビリテーション実務者研修会」を開催した(会場は、相澤病院ヤマサホール、主催は信州訪問リハビリテーションネットワーク)。参加者はリハセラピストだけでなく、医師やケアマネージャーなど多職種に渡り、200名以上の参加があった。初日は長野県健康福祉部健康長寿課介護支援室課長補佐・田中哲也氏による「2012年度介護保険改正の方向性と長野県が期待する訪問リハビリテーションのあり方」、全国訪問リハビリテーション研究会会長・伊藤隆夫氏による「訪問リハビリテーションの課題と展望なぜ今、地域ネットワークが必要なのか?」、NPO法人長野県介護支援専門員協会会長・中村雅彦氏による介護保険における訪問リハビリテーションの役割ケアマネージャーからの要望と期待」の3講演を行った。3講演とも訪問リハビリテーションを行っているリハセラピストに対しての熱意が伝わり、とても充実した内容と感じている。特に全国訪問リハビリテーション研究会会活動報告―318―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です