社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
333/390

ついて一緒に勉強する機会を持つことができた。各職種が症例を共有し、それぞれの立場・視点からディスカッションができたことは有意義であった。(2011年度実績)2006年度、13名の利用者から始まった安曇野サテライト看護であるが、現在は45名前後に落ち着いている。今後マンパワーの確保は言うまでもないが、「安曇野の地域に根ざしたステーション」となるために、リハビリスタッフと協働しながら上質なケア提供を目指す。���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(大貫典子)地域在宅医療支援センター―317―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です