社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
332/390

2点目:訪問を開始するにあたり、ともに在宅生活を支える主治医やケアマネージャーと効果的な連携がはかれるように、基本情報の取り方や面談の手順などを見直した。初回訪問にあたり、どんな基本情報が必要かを全員で認識することにより、無駄な動きがなくなり、ケアマネージャーや主治医とも効果的なコミュニケーションがとれるようになっている。これらの成果を反映してか、年々利用者数は増加し多様なニーズにも応えられるステーションになっている。(2011年度実績)���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(大貫典子)●安曇野サテライト●安曇野サテライト1.概要・スタッフ構成訪問看護ステーション安曇野サテライトは、安曇野市穂高に事務所を構え、安曇野市一帯と生坂村、筑北村、麻績村、松本市梓川地区・四賀地区と広い範囲を訪問している。看護科スタッフは常勤1名と非常勤2名で、松本事業所同様24時間緊急連絡体制をとっている。主治医は地域の病医院が全体の83%を占めている。2.今年度の取り組みと成果松本事業所スタッフと共同で隔月の定期勉強会を開催した。スタッフの得意分野を生かし、自らが講師となって全員で学んだ。また、サテライト内では昨年に引き続き、リハビリや松本事業所の居宅介護専門員に向けて症例検討を行い、専門職の立場から難病患者さんとご家族への関わり方に活動報告―316―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です