社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
328/390

今年度は、特にがん検査項目に重点をおいて、女性には子宮頸がん検査と乳がん検査、男性には肺がん検査の案内を積極的に行い受診数の増加を図った。〈平成23年度検査実施数〉・子宮頸がん検査6,616人・経膣超音波検査1,625人・乳房超音波検査2,847人・マンモグラフィー検査4,902人・胸部ヘリカルCT4,240人事業所訪問への取り組み当センターではここ数年、人間ドック及び健康診断の受託契約を取り交す健康保健組合・事業所を対象に事業所訪問を行ってきた。今年度は事業所42ヶ所・健康保健組合9ヶ所の訪問により、当センターの健診事業の取り組みと新規コースの案内を行った。更に今回は、事務部スタッフの他に保健師が同行して7事業所の訪問を行い、肺がんに関する専門的な説明と、当センターでのがん発見率と要精査のフォローアップ状況について報告した。又、当センターを利用する受診者は、別表2より上伊那地域・木曽地域から多くの方が来院している。ドック受診後のフォローをスムーズに行なうためには、地域の医療機関との連携が必要と考え、これら地域の医療機関調査と訪問を開始した。今年度2回の訪問を行ない上伊那地域37件、木曽地域11件となった。�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(松下光)(2)フロント課受診者が窓口に来られ、受付までの待ち時間を少しでも短縮できるよう、改善に向けて取り組みを行った。①カウンターにおける確認項目を整理し、受付業務を標準化した。医療的に専門性の高い項目活動報告―312―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です