社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
322/390

力評価などを文献から抽出し、統一された評価方法の作成を開始したが、今期活動中には完成できなかったため、今後完成/院内運用に繋げていきたいと考えている。3.学術・研修・認知症に関する知識研鑽の企画・研修参加として以下の活動を行った。5月19日院内勉強会「認知症について」開催(講師:地域在宅支援センター増田・深澤・西牧介護支援専門員)11月2日メマリー新発売講演会症例報告『身体合併症を有するアルツハイマー型認知症患者にメマンチンを使用した2例』(発表者:田丸医師)11月7・9日院内勉強会「CGA7について」開催(講師:田中・柳澤・甲斐・松田看護師)11月20日認知症フォーラム『あきらめない最新医療と社会の支え』参加11月25・26日総合病院精神医学会ポスター発表『当院における認知症高齢者支援への取り組み』(発表者:栗林臨床心理士)12月2日長野県リバスチグミンパッチ発売記念講演会『認知症の治療戦略―新薬で変わる点、変わらない点―』参加2月17日院内勉強会『認知症の基本的な関わり方について』(講師:山﨑看護師)3月19日院内勉強会『家族支援について』(講師:遠藤MSW・西牧介護支援専門員・柳澤看護師)(並木幸司・田丸恒実)活動報告―306―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です