社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
309/390

OD・ムーベン・セレネース・プレドニゾロン・クラビット点眼・オフロキサシンゲル化点眼・チモレートPF点眼・ロタリックス内用液テリボン皮下注・ジレニアカプセル・ノルレボ・アプレゾリン注射用2.要注意薬剤の管理の教育3.がん集学治療センター会議からの報告4.院内採用薬剤再評価・ケイキサレートドライシロップ・硫酸アトロピン散・プラザキサ・マキュエイド・トレアキシン5.薬剤開封後の有効期限について6.医薬品採用に関する運用細則の改訂について(北澤和夫)●臨床検査の適正化に関する委員会●臨床検査の適正化に関する委員会1.概要・スタッフ構成臨床検査の精度向上のため、臨床検査センターと各部署代表者が協働して臨床検査の問題点や精度について検証する。委員構成委員長:相澤孝夫(病院長)委員:樋口佳代子(臨床検査センター長)平林和子(健康センター副センター長)大津みえ子(4S病棟長)宮田佳代(内視鏡センター看護科長)藤本宏幸(放射線画像診断センター放射線技師)篠原章能(薬剤情報管理センター薬剤師)忠地花代(臨床検査センター副センター長)伊丹川裕子(検査科主任)中野聡(検査科主任)髙山政幸(検査科検体検査)鎌倉明美(検査科一般・細菌検査)石橋恵津子(検査科病理検査)小林美佳(検査科生理検査)2.今年度の取り組みと成果活動内容(開催日時と内容一覧)第一回平成23年11月9日議事事項(1)臨床検査センター外部精度管理報告(社)日本臨床衛生検査技師会主催の臨床検査精度管理調査参加報告(2)臨床検査センター内部精度管理報告(3)精度管理監査チーム活動報告(4)ヒアリハット報告総括(5)臨床検査センター運営会議・臨床検査センター会議報告相澤病院―293―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です