社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
302/390

平成24年3月8日(木)「大北糖尿病治療勉強会」糖尿病センターセンター長山内恵史院外参加人数6名平成24年3月9日(金)「第21回中信がん治療セミナー」がん集学治療センターセンター長田内克典院外参加人数約15名平成24年3月23日(金)「第21回高齢化社会に向けての腰痛の予防」スポーツ障害予防治療センターセンター長村上成道院外参加人数30名(池田隆一)●透析機器安全管理委員会●透析機器安全管理委員会1.概要・スタッフ構成概要相澤病院において透析治療を施行する際の、透析機器、透析液等の安全管理に関する事項、職員への研修会や災害対策に関する事項について審議し、患者さんに安全で良質な医療を提供することを目的としている。スタッフ構成委員長:小口智雅(腎臓病・透析センターセンター長)委員:宮島誠(腎臓病・透析センター科長)矢ヶ崎昌史(ME課課長)渡辺祥根(ME課透析部門主任)伊藤美緒(ME課)柳澤達也(ME課)小山良幸(ME課)中島士斉(ME課)山田達也(ME課)2.今年度の取り組みと成果・相澤病院透析機器安全管理委員会の開催(全12回)・透析液水質(品質)基準値・目標値の設定(小口智雅)●入院案内(冊子)に関する委員会●入院案内(冊子)に関する委員会1.概要・スタッフ構成当院の入院案内冊子(以降:冊子)については主幹部署が存在せず、運用が曖昧になっていた。そのため、運用等の変更や追加があった場合に即時対応が出来るよう、冊子の作成・印刷を院内で行っていたにもかかわらず、内容の修正・見直しが適切に実施されていない状況があった。入院することは、患者さん・ご家族にとって不安なことばかりであり、その不安を取り除くために一つで活動報告―286―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です