社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
295/390

第2回平成23年8月24日議事内容輪状咽頭嚥下障害による嚥下障害に対する嚥下訓練技法に関する審議。田内委員長より、病院長に検討資料を用いて委員会開催について検討し、委員会での審議の必要性なしとの判断有り。輪状咽頭嚥下障害による嚥下障害に対する嚥下訓練技法の導入が承認された。各委員へは、メールにて報告を行った。第3回平成23年9月2日議事内容超音波内視鏡下吸引生検法(EUS−FNA)超音波内視鏡下膵嚢胞・膿瘍ドレナージ術超音波内視鏡下神経叢ブロック術超音波内視鏡下胆道ドレナージ術に関する審議。審議用件につき、申請者である診療部樋口医師より説明があった。協議の結果、全員一致にて、超音波内視鏡下吸引生検法(EUS−FNA)超音波内視鏡下膵嚢胞・膿瘍ドレナージ術超音波内視鏡下神経叢ブロック術超音波内視鏡下胆道ドレナージ術の導入を承認した。第4回平成23年10月21日議事内容腹腔鏡補助下超低位前方切除術・腹腔鏡補助下内肛門括約筋切除術に関する審議審議用件につき、申請者である診療部吉福医師より説明があった。協議の結果、全員一致にて、腹腔鏡補助下超低位前方切除術・腹腔鏡補助下内肛門括約筋切除術の導入を承認した。第5回平成23年11月15日議事内容急性期脳梗塞に対してPenumbraSystemを用いた血行再建療法に関する審議審議用件につき、申請者である診療部佐藤医師より説明があった。協議の結果、全員一致にて、急性期脳梗塞に対してPenumbraSystemを用いた血行再建療法の導入を承認した。第6回平成24年2月2日議事内容炭酸ガスを用いたDSA撮影に関する審議実施日の前日の申請であり、病院長が審議し、条件付で承認を行なった。第7回平成24年2月13日議事内容上大上脈ステント留置に関する審議実施日の前日の申請であり、病院長が審議し、承認を行なった。第8回平成24年2月29日議事内容超音波気管支鏡下縦隔リンパ節生検に関する審議審議用件につき、申請者である診療部三島医師より説明があった。協議の結果、全員一致にて、腹腔鏡下脾摘出術の導入を承認した。(田内克典)相澤病院―279―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です