社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
289/390

外科胸腔鏡下肺葉切除術当日手術;胸腔鏡下肺葉切除術整形外科THA膝蓋骨骨折(手術あり)骨盤骨折(保存的加療)骨粗鬆症性恥骨坐骨骨折(保存的加療)骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折(保存的加療)大腿骨頚部・転子部骨折腰部脊柱管狭窄症(保存的)脳神経外科脳血管内治療(一般)脳血管内治療(CAS)慢性硬膜下血腫(当日手術・老人)慢性硬膜下血腫(当日入院・若年)くも膜下出血(脳血管内治療)リハビリテーション科CVA3週転院コース内視鏡超音波内視鏡下吸引生検法(2泊3日)腎臓内科急性単純性腎盂腎炎(入院前ADL自立・リハビリ不要)急性単純性腎盂腎炎(入院前ADL自立・リハビリあり)急性単純性腎盂腎炎(嚥下障害疑い・リハビリあり)急性単純性腎盂腎炎(経管栄養)泌尿器科複雑性腎盂腎炎(ステントADL自立)複雑性腎盂腎炎(ステントADL介助)複雑性腎盂腎炎(保存的ADL自立)複雑性腎盂腎炎(保存的ADL介助)内科糖尿病教育入院(2泊3日)神経内科筋生検神経生検◆多職種協働によるクリニカルパスの作成と見直し医療プロセスの透明化を確保するため、クリニカルパスの充実と公開が全病院的な経営方針として掲げられた背景を受け、上述のとおり新規クリニカルパス作成を推進するとともに、病棟単位で整備された「病棟クリニカルパス検討会議」における多職種協働によるクリニカルパス作成を実践した。医師・看護師・コメディカル・事務スタッフ等を含めた多職種が関わることで、クリニカルパスの量的・質的な充実を進め、クリニカルパス適用率の向上と公開に耐えうる品質の確保を目指した。相澤病院―273―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です