社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
261/390

●さわやかサポート課●さわやかサポート課1.概要・スタッフ構成病院全般雑務担当駐車場9名リネン7名メッセンジャー5名サポート4名計26名2.今年度の取り組みと成果駐車場本格的に第2駐車場がオープンした。ところが来院者の増加もあり、すぐに満車になってしまい迷惑を掛ける場合があるので、なるべく待たせる事の無いよう、且つ安全に使用できるよう取り組んでいる。また、患者さんに楽しんでいただけるよう、駐車場内の空き地に花と野菜を植え手入れ等してきた。次年度も継続する予定。リネン一日おきに配達をしていたリネン・タオルを毎日(月〜金)配達できる体制を組み、病棟に置いておくのを少ない数で出来るよう改善。また、タオルは3種類6パターンを2種類3パターンに替え使用・回収も楽なように替えた。さらに、回収ボックスを箱ものに統一変更し、見た目もすっきりした物に替えた。メッセンジャー各部署から依頼されたものを確実に届ける事を目標に、また部署の改編、引っ越しに合わせ滞りなく配達できるよう努力した。サポート上記業務が滞り無く回るよう、急な人員不足などに対応したり、課外の部署へのお手伝い業務(受付け補助業務・レセプト搬送・葬祭センター行きなど)を行った。(伝田豊)●病院施設管理課●病院施設管理課1.概要・スタッフ構成病院施設管理課は、慈泉会(相澤病院・E棟・健康センター・地域在宅医療支援センター・ヤマサビル・保育所)の設備機器(電気・発電設備・ガス・給水・給湯・空気調和設備、消防設備、電話設備、エレベーター、医療用ガス設備、ヘリポート等)の管理・修理・営繕業務を行っている。スタッフは、日勤者3名、交代勤務者6名の11名にて構成している。2.今年度の取り組みと成果平成23年度は、療養環境・診療環境・勤務環境の整備、を中心に整備し、合わせて省エネルギーへも取り組んだ。療養環境としては、継続計画として進めている防音・省エネルギー対策として病室の2重窓化を行い、冬期の室温低下の防止が図られた。職員教育として、4月の新人職員研修(電気設備・防災講習)、11月に職員研修(防災設備)を実相澤病院―245―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です