社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
260/390

病院機能支援部門1.概要・スタッフ構成平成23年6月の組織再編にともない、従来病院事務部門と防災センターおよび副医療部門に所属していた「さわやかサポート課」「病院施設管理課」「物流管理課」「サプライ課」が新たに統合され、病院機能支援部門として発足した。詳細については各課の項を参照されたい。2.今年度の取り組みと成果JCI施設認定取得にともなう院内業務再編において、情報共有および調整がスムーズとなり、変化に即応できる体制となってきた。特に院内物流に関しては関係者が定期的に一同に会して協議を行うことにより、柔軟かつ速やかに対処できている。また永年問題となっていた各課業務の境界が明らかとなり、これによる問題発生が激減した。エンドユーザーに対するサービス向上も図られていると思われる。(星野淳一)●サプライ課●サプライ課1.概要・スタッフ構成概要病棟・外来で使用した器材・物品の洗浄・消毒・滅菌業務。手術センターにて使用した器械の洗浄、洗浄後の器械セット組み・消毒・滅菌を行い、安全で清潔な器械を臨床現場へ提供している。スタッフ常勤スタッフ7名勤務体制月曜日〜金曜日8:30〜17:1010:30〜19:10土曜日(2名)8:30〜17:10日曜日・祝日(1名)8:30〜17:102.今年度の取り組みと成果①滅菌作業工程において、物理的・生物学的・化学的インジケーターを用いて滅菌の判定を行い、適切な滅菌工程の達成を保証することにより、患者さんの安全を確保するために、「滅菌保証に関する運用細則」を制定した。②業務の「ムダ」・「ムラ」を省き、コスト削減と作業の効率化により生産性の向上を図るため5S運動を実施した。5S運動前後を写真にて記録し、「ムダ」・「ムラ」の削減、職場の活性化、コスト削減と作業の効率化を実感できた。(丑山潔)活動報告―244―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です