社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
259/390

フロアアテンダント3名(平成24年3月31日現在)2.今年度の取り組みと成果基本計画教育プログラム、職能要件書の内容を、JCI認定基準に合致した内容となるように見直しを行ってから、要件書を用いて評価を行い、不足部分を習得できるようにするという目標で取り組んだ。今までの職能要件書を等級別に変更してから、自己評価・他者評価を行い、不足部分を明らかにした上で研修計画を立てた。今回は資料を作成し、パワーポイントにまとめて、情報共有の為診療アシスタント部門と合同の勉強会を行った。今年度の取組みをもとに、継続して活用できる評価システムと教育・研修システムの作成に繋げていきたいと考えている。(嶋口恭子)相澤病院―243―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です