社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
257/390

●在宅医療室●在宅医療室1.概要・スタッフ構成・在宅療養指導・各種療養相談に応じ、在宅療養中の患者さんが安心かつ安全に療養生活が送れるように支援していく。・各科の医師の要請により往診に対応する。スタッフ構成看護職2名事務職1名(他科と兼務)14:00〜17:102.今年度の取り組みと成果1.各訪問看護ステーションとの連絡、相談窓口として各種相談に応じ、連携を深めた。2.看護師が医師の指示の下に行う在宅療養指導の指示内容について見直しを行い、医師の指示が確実に受けられるようにテンプレートの変更・調整をした。3.在宅療養指導をした患者さんのうち継続支援の必要性がある患者さんへ定期的な療養相談、指導を行った。4.在宅インスリン持続注入ポンプ(CSII)の導入に伴い、各部署との調整を行った。導入後の外来通院時の相談窓口となり安全に実施できるよう支援を行っている。5.皮膚・排泄ケアの認定看護師が所属しており、入院・外来を問わず院内の褥瘡管理者として相談窓口となっている。皮膚・排泄ケア関連の業務が多くなり、成果を上げている。�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(石津美紀)●診療アシスタント部門●診療アシスタント部門1.概要・スタッフ構成概要平成23年6月の組織改正により、外来看護科より独立してふれあいメディカルセンター診療アシスタント部門となった。各外来診察室での診療補助業務として、診察介助、処置・検査の介助、診察予約の調整、検査の説明・案内、書類の処理・入力、入院の説明・案内など医師・看護師・関連部署と連携を取りながら、今後も患者さんに満足していただけるような外来診療のアシストを行っていきたいと考えている。相澤病院―241―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です