社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
256/390

��������������������������������������������������������������������������������������������������(嶋口恭子)●外来看護科●外来看護科1.概要・スタッフ構成紹介患者さんをはじめ、一般外来を受診されたすべての患者さんが最善の医療と質の高いケアを受けられるよう医師や他職種のスタッフと連携をとりながら安心と安全な医療サービスが提供できるよう努めている。スタッフ構成(H24.5.1現在)科長1名看護師28名(助産師4名含常勤6名パート22名)2.今年度の取り組みと成果①「職種別教育プログラム、職種別課業要件書の内容を、JCI認定基準に合致した内容となるようCAPDサイクルを回しながら見直しを行う。要件書を用いて全職員に対し評価を行い、不足部分を習得できるようにする」を目標に、取り組みを行った。各科毎に設定されていた課業要件書の見直しを行い、患者さんへ安心して安全な医療の提供ができるようにIC後の評価、感染対策への共通認識、BLS受講による急変時の対応、診察室内の環境整備、各種院内共通規定などについて共通要件書を作成、不足部分については勉強会を行い、周知徹底した。②昨年度に引き続きFISH活動の一環として、手作りこいのぼり飾り、患者さん参加型の七夕飾りなどを展示し、来院者に好評であった。3.学術・研修2011.11.5古市慶子第14回長野県母子衛生学会長野県「男子看護学生が母性看護学を学ぶ意義をアンケート調査から分析する」(石津美紀)活動報告―240―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です