社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
252/390

未収金対策(入院分)平成18年度では2千万円以上の未収金を損金処理していたが、平成21年度以降は5百万円を割り込み順調に推移している。ここまで未収金を減少できたのは、運用細則の整備や病院全体への啓蒙と、何より職員ひとりひとりが未収金に対して理解を示し、病院全体で取り組んできた結果だと考えている。今後は、どのように回収するかという視点だけではなく、支払困難な患者さんに対して最大限の援助を行い、安心して療養して頂ける環境を整備していきたい。また、悪質なケースに対しては毅然とした態度で接し、法的手段も視野に入れて対応していく予定である。�������������������������������������������������������������������������������������������������3.学術・研修発表日:平成23年6月1日主催:日本医療マネジメント学会演題:漏れなく正しく請求するための方法発表者:大村瑞恵発表日:平成23年6月1日主催:日本医療マネジメント学会演題:指導料算定の意識付け発表者:林三枝子(鳥羽嘉明)●メディカルクラーク課●メディカルクラーク課1.概要・スタッフ構成平成20年度の診療報酬改定において「医師事務作業補助体制加算」が新設され、医師の事務作業の軽減を目的として、書類作成補助業務、退院時要約作成補助作業、臓器がん登録・院内がん登録等の業務を行ってきた。平成23年6月にこれまでの50対1体制から25対1体制へ届出を行い、活動報告―236―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です