社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
251/390

があるが、それぞれの業務の職群・等級に見合った医療事務業務のプロを育成し、より専門性の高い業務とお互いの業務を補完しあえる横断的な業務体制を構築してきた。平成23年度の部署目標を「職群・等級別の職能要件チェックシートを作成し、職群・等級に見合った医療事務業務のプロを育成する」と設定し、個々のレベルに応じた人材育成を実施してきた。まずは、入院医療事務課の業務を洗い出し、それぞれの業務に分類した「業務別マニュアル」の整備を行った。次に、業務別に作成したマニュアルをもとに「業務分掌」の整備を行い、業務の役割分担を明確にした。そして、業務分掌に沿った「職能要件書」を整備し、職群・等級を明確にした。その上で、職群・等級別に分類した職能要件書をもとに、自己評価・他者評価が行える「職群・等級別職能要件チェックシート」を作成した。そして、作成したチェックシートに沿って自己評価・他者評価を実施し、それぞれの強み弱みを分析し問題点を洗い出した。担当主任を中心に個別面談を行い、求められている業務(能力)と実情の差違を明確にし、足りない部分をどのように習得していくかを指導・教育した。今後も、長期経営方針に示されている「職員一人一人が慈泉会職員としての基本的能力と自らの職種・職能・職務・職位に応じた能力を身につけたプロとなるとともに、互いに尊重・補完しあい、協働することで、チーム・組織として最大の力を発揮する」を自部署のビジョンに落とし込み、入院から退院までの総合的な医療事務業務を遂行できる医療事務のプロを育成することを継続していきたい。また、これらの業務をお互いに補完し合い、相乗効果が図れる入院医療事務課を構築していきたいと考えている。診療報酬請求点数平成20年度から平成23年度までは入院・外来ともに順調に推移してきた。前回の平成22年度診療報酬改定では前年比109.80%アップとなっている。今後の診療報酬体系は、2025年に向けた社会保障と税の一体改革を見据えたメッセージ性の強い改定になってくる事が予想される。そして、更なる機能分化と連携体制の強化が求められており、地域ニーズに沿った自院の役割を明確化していくことが重要になってくると考えられる。���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������相澤病院―235―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です