社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
241/390

しては優先的に何から行なえばよいのかを確認する意味でも業務改善につながればよいと考え、病棟長、主任を中心に75歳以上の患者さんについて確認を行った。この入院カンファレンスを行うことで、早期に関わる患者さんの再確認と、退院困難者等の対象者の早期発見ができ、退院調整にむけての確認事項を明確にすることができた。また、カンファレンスを通じて行った事例をイントラに掲載し、院内全体への啓発、意識付けを行うことが出来た。実際、退院時共同指導料と介護支援連携指導料をあわせたカンファレンスの数は、通年で数も増え、早期退院を自部署だけではなく、病院全体としてチームで行うことの大切さが分かり、地域おける当院の役割をしっかり認識した上で、職員一丸となって取り組む一歩になったと考えている。①退院時共同指導料及び介護支援連携指導料算定のカンファレスについて平成23年度のカンファレンスについて、かかりつけ医を招いたカンファレンスが59件、ケアマネジャーを招いたカンファレンスが467件であった。昨年より増えており、院内でも多職種含めたカンファレンスを積極的に行っている。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������相澤病院―225―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です