社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
229/390

ついてグループ単位の仕組み必要と、委員でおられる鈴木先生が、「診療所がグループを編成して地域医療貢献加算を算定できるように要件を緩和すべき」と指摘された。2012年1月13日の中医協総会ではより具体的な提案がなされています。同日の医療技術評価分科会では、128件の新規技術の保険収載が了承されている。1月末には、具体的な改定の概要が示され、2月には、具体的な点数が示された。勤務医の負担軽減、医療と介護の連携と在宅医療の充実、生活習慣病や認知症の対策、医療安全対策の推進などがプラス評価される一方、平均在院日数の削減や社会的入院の是正、医薬品・医療機器・検査の実勢価格を踏まえた適正化、相対的に治療効果の低くなった技術の適正化、後発医薬品の使用促進など医療費の抑制が行なわれるものもあった。このような背景の中で、社会保障改革の実現に向けて、医療・介護サービス保障の強化を視野に2012年度の改定においては、概ね5,500億の診療報酬本体の引き上げとなり、全体改定率は、+0.004%となった。チーム医療を担う看護職の評価も多くされていると考えられる。�4������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������Ins�tute for Health Care Informa�on Sciences,Inc.����������������������������������������Ins�tute for Health Care Informa�on Sciences,Inc.Ins�tute for HeltlalthChCChChCh CareareI Informa�on �������������������������5�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������相澤病院―213―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です