社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
213/390

日時:平成23年9月3〜4日学会名:第30回関東甲信越ブロック理学療法大会(新潟市)演題:訪問リハビリテーション開始から1年後の転帰に影響を及ぼす要因について・発表:竹山篤史(理学療法士)日時:平成23年9月3〜4日学会名:第30回関東甲信越ブロック理学療法大会(新潟市)演題:転倒と運動習慣の関係性・発表:岩谷友倫(理学療法士)日時:平成23年9月3〜4日学会名:第30回関東甲信越ブロック理学療法大会(新潟市)演題:ジャンプ動作における体幹前屈角度の違いが下肢関節回転モーメントおよび関節仕事量に及ぼす影響・座長:鈴木修(理学療法士)日時:平成23年10月22〜23日場所:相澤病院ヤマサホール(松本市)主催:信州訪問リハビリテーションネットワーク内容:訪問リハビリテーション実務者研修会「介護保険における訪問リハビリテーションの役割〜ケアマネージャーの要望と期待〜」・座長:白澤里美(言語聴覚士)日時:平成23年10月22〜23日場所:相澤病院ヤマサホール(松本市)主催:信州訪問リハビリテーションネットワーク内容:訪問リハビリテーション実務者研修会「嚥下障害者に対するリスクマネージメント〜嚥下のメカニズムと注意点〜・シンポジスト:金丸大地(理学療法士)日時:平成23年10月29日場所:篠ノ井市民会館第三会議室主催:(社)長野県理学療法士会内容:介護保険改定を見据えた機能訓練のすすめ方。・発表:船越友子(言語聴覚士)日時:平成23年10月27〜29日学会名:リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011(熊本市)演題:増粘剤を用いた半固形化による経鼻経管栄養方法の試み・発表:小林雅之(理学療法士)日時:平成23年10月27〜29日学会名:リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011(熊本市)相澤病院―197―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です