社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
211/390

訪問リハビリセンター1.概要・スタッフ構成��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������松本市(旧四賀村、梓川村を含む旧松本市)、塩尻市、山形村、朝日村、安曇野市、生坂村、筑北村、麻績村を主の訪問エリアと定め、訪問業務にあたっている。職員は全て相澤訪問看護ステーションひまわりリハビリテーション科と兼務であり、各訪問看護ステーション及びサテライトを経由し訪問リハビリテーションを提供している。平成24年3月末現在、利用者数は668名。同月の訪問件数は3,258件。年間のべ訪問件数は、38,182件であった。(訪問看護ステーションからの実施する訪問リハビリテーション実績を除く)また、1医院5施設へスタッフを派遣し、リハビリ指導も実施している。勤務・訪問エリア理学療法士作業療法士言語聴覚士松本地区松本北チーム841松本南チーム831塩尻地区631安曇野地区621*統括者(PT)1名を除くスタッフ配置(人)2.今年度の取り組みと成果当科では、人材育成に対して職務要件書、職能要件書の見直し(平成21年度)、研修・教育プログラムの見直し(平成22年度)に取り組んできた。結果、新人・ローテーションスタッフなど若手に対する教育体制が整備され、一定の効果があったと考えている。しかし、そのスタッフを指導する立場である主任、チームマネジメントを行うチームリーダーに対する明確な業務分掌、職務要件書の整備が不十分であった。そこで、平成23年度は訪問リハ科における主任・チームリーダーの業務分掌を明確にした上で、職務要件書を作成し、能力評価結果をもとにした育成面接で、主任・チームリー相澤病院―195―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です