社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
21/390

1.沿革明治41年1月10日松本市本町106番地(深志2丁目3番8号)に相澤医院開設昭和26年3月26日法人に改組医療法人慈泉会認可(財団)昭和27年1月16日同地籍に相澤病院開設ベッド数25床(一般)昭和42年3月30日特定医療法人の認可を受ける昭和43年6月22日松本市本庄2丁目5番1号(長野県繊維工業試験場跡地)に相澤中央病院開設、ベッド数123床(一般)昭和50年10月1日松本市が施行する「松本駅周辺土地区画整理事業」に協力して、相澤病院の敷地を松本市に譲渡したことに伴い、相澤病院を相澤中央病院の敷地内に新築移転し、両院を統合して名称を「相澤病院」として発足ベッド数303床(一般)昭和53年10月6日基準看護、基準給食、基準寝具、特1類承認昭和62年7月1日基準看護、基準給食、基準寝具、特2類承認昭和63年2月5日MRI、DSA機器導入昭和63年7月1日体外衝撃波結石破砕装置による治療(ESWL)開始平成2年8月1日ベッド数422床に増床平成3年4月1日健康センター(お元気ステーション)として、人間ドック・検診専用施設を新設平成3年4月7日手術室、検査室、健康センター増築平成3年10月1日10月1日を病院記念日として制定第1回記念行事を行う平成4年9月1日基準看護特3類承認平成5年10月1日3B病棟完成平成6年4月1日患者環境改善事業により5A病棟開設、ベッド数403床に変更平成6年4月1日救急外来を新設平成6年9月1日集中医療センターHCU完成平成7年3月15日集中医療センターICU増築平成7年6月1日集中医療センターICU始動平成7年10月1日新看護(看護2.5:1A加算10:1看護補助)届出平成8年4月1日相澤訪問看護ステーションひまわり開設平成8年5月2日職員駐車場用地取得(庄内2丁目)平成8年6月1日S棟増築3S・4S病棟開設平成8年8月1日連続血管撮影装置更新平成8年8月1日総合リハビリテーション施設基準取得平成8年8月1日職員立体駐車場完成平成8年11月16日中国河北省廊坊市人民病院と友好病院の協定締結平成9年3月1日MRI増設(1.5T)平成10年6月1日中国河北省廊坊市人民病院看護研修生2名受け入れ平成10年7月13日ヘリカルCT増設平成10年10月1日相澤病院開院90周年記念式典平成10年12月28日ベッド数463床に増床沿革―5―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です