社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
206/390

3.2作業療法士3.2.1学会発表(OT)•平成23年8月20日〜8月21日村山幸照第9回日本臨床医療福祉学会熊本県熊本市当院の高次脳機能障害クリニカルパス(2週間短期入院)の適応基準の検討•平成23年6月11日〜6月12日小林勇矢第23回日本ハンドセラピィ学会青森県弘前市橈骨遠位端骨折術後のリハビリテーション到達目標•平成24年1月28日小林勇矢第29回中部手外科研究会松本市高齢者の橈骨遠位端関節内骨折における術後回復の特徴•平成23年4月23日並木幸司第2回マグネティック・スティミュレーション研究会松本市当院におけるNEURO-15治療成績•平成24年3月4日並木幸司第28回長野県作業療法学会下諏訪町反復的経頭蓋磁気刺激治療(rTMS)と集中的作業療法(NEURO-15)の実施報告•平成24年3月5日〜3月6日中山一平第27回長野県作業療法士学会松本市在宅復帰に向けた認知リハビリテーションと地域福祉との連携•平成24年3月3〜3月4日安藤道彦第28回長野県作業療法学会下諏訪記憶障害患者のメモリーノート使用の獲得と安定した在宅生活との関連•平成23年6月24日〜6月26日櫻井利康第45回日本作業療法学会さいたま市橈骨遠位端骨折術後の治療成績•平成24年3月3日〜3月4日遠山雅俊第28回長野県作業療法学会諏訪市回復段階に応じた機能的電気刺激の使用により手指機能の改善を得た1例•平成24年3月3日〜3月4日中村洋一第28回長野県作業療法学会諏訪市両側性小脳梗塞でCerebellarcognitiveaffectivesyndromeによる生活障害を呈した一例•平成23年10月15日清水真菜加第21回認知リハビリテーション研究会東京記憶障害患者の行動学的特性と重症度について•平成24年3月3日〜3月4日児玉有希第28回長野県作業療法学会諏訪市橋腹側病変で呈した高次脳機能障害の一考〜小脳認知情動症候群の視点から〜3.2.2講義・講演(OT)•平成23年6月21日村山幸照辰野町ケアマネジャー連絡会辰野町高次脳機能障害とは講演•平成23年6月25日村山幸照第45回日本作業療法学会埼玉県さいたま市ワークショップ「脳卒中急性期の作業療法〜作業療法士らしい脳卒中急性期の支援〜」パネリスト•平成23年7月13日村山幸照(NPO)ハートラインまつもと定期例会松本市高次脳機能障害の基礎知識講演•平成23年8月25日村山幸照平成23年度移動介護従事者(ガイドヘルパー)養成講座松本市移動介助に当たっての一般的注意講師•平成23年9月16日村山幸照平成23年度移動介護従事者(ガイドヘルパー)養成講座松本市移動介助に当たっての一般的注意講師•平成23年11月6日村山幸照長野県作業療法士会現職者選択研修佐久市急性期の作業療法講演•平成24年3月3日村山幸照第28回長野県作業療法学会分科会下諏訪町急性期から回復期そして維持期〜それぞれの役割を考える〜シンポジスト•平成23年10月1日貝梅由恵第38回日本脳神経看護研修会富山市活動報告―190―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です