社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
190/390

ICU病棟1.概要・スタッフ構成全診療科の重症集中管理が必要な患者さんの入院や急変患者さんの受け入れを24時間体制で行っている。病床数は10床、内訳としては救命救急病床6床、特定集中病床4床のベッド構成となっている。スタッフ構成病棟長:1名主任:1名看護師:26名(パート3名含む)看護アシスタント:1名病棟クラーク:1名2.今年度の取り組みと成果1)5S運動の促進安全で質の高い医療を提供するため、感染対策を中心にした看護技術の見直しをはかり、JCIの基準に沿ったICU内の環境・設備を整えていくことを目標に、物品・薬品定数の見直し、整理整頓を行なったことでデッドストックをなくし、業務効率・生産性の向上が得られた。2)看護技術のスキルチェックにより手技の統一を図る感染対策として人工呼吸器の使用、挿管・気管切開患者さんの多くが入室する病棟であることから、吸引手技の統一を図るために看護技術インストラクターやトレーナーが中心となって、ベテランから新人までの吸引手技のスキルチェックを定期的に実施することができた。手技以外の要因による感染拡大防止のための対策を、部署をあげて検討するためにも今後も継続し、質を維持していく。3)院内症例検討会ICUを4チームに分け、チームリーダーを中心に症例検討を行い、まとめたものを症例検討会として年度活動報告―174―����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です