社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
184/390

【勤務体制】二交代制(3S1病棟・3S2病棟ともに各2人夜勤)【多い疾患名】大腸腺腫・大腸癌・胃癌・食道早期癌(それぞれ内視鏡的切除を行う)・胃癌、胃・十二指腸潰瘍、膵炎、膵臓癌、胆石、胆嚢炎、胆道系悪性疾患(胆嚢癌、胆管癌)、肝炎、肝硬変、肝膿瘍、肝臓癌(肝動脈塞栓術・ラジオ波を行う)、食道静脈瘤2.今年度の取り組みと成果今年度は病棟のスタッフが同レベルでの看護提供を行えるように、病棟にある検査・処置のマニュアルのなかで使用頻度の高い12項目の検査を選び、現在の病院諸規則に則した内容に見直しを行った。日々変わる医療の中で、以前作成したマニュアルは現在の運用とずれが生じていたため修正し、経験年数の少ないスタッフでも分かりやすいように知識や根拠を明確にした。新しいマニュアルを病棟内の指導で活用している。3.学術・研修松本短期大学看護学科より看護学生の老年看護学実習、基礎看護学実習の受け入れを行い、看護師の後進育成に努めた。学校法人愛西学園弥富看護学校より臨地実習を受け入れた。専門職群の病棟スタッフにより、緩和ケアや感染に関して病棟内での学習会や症例検討を行っている。(内山瞳)4A病棟1.概要・スタッフ構成(1)概要取り扱う主な疾患は、消化器、呼吸器、甲状腺などの外科疾患。患者さんの半数以上は手術目的で入院され、手術前日入院の他、手術当日入院件数も増加しており、在院日数の短縮と共に、計画的でスムーズな治療・退院調整が可能である。また、化学療法や放射線療法、終末期の患者さんの入院も多く、疼痛コントロール等の緩和ケアの充実にも取り組んでいる。(2)看護体制固定3チーム制二交替勤務3人夜勤早番勤務(7:15〜16:00)、遅番勤務(13:30〜22:00)あり(3)スタッフ構成病棟長:1名主任:1名看護師:24名(内パート4名)看護アシスタント:3名できるだけ最新の状況をご記入下さい。→H24.3.31時点のスタッフ構成を記載しました。2.今年度の取り組みと成果統一した医療を提供するために、手術目的で入院される患者さんに対する術前オリエンテーショ活動報告―168―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です