社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
180/390

基準作成一例������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������持続点滴適応フローチャートについて1.目的点滴は入院して行う治療の手段として多く実施されている。また、医学的な治療だけでなく十分な栄養・水分摂取が困難な場合の補給手段としても実施されている。しかし、点滴は長時間に渡り針を留置する必要があること、また患者の自由な活動を妨げる可能性があるため、患者にストレスを与える事が多い。そのため医療者は点滴による患者の拘束時間を最小限にする努力が必要である。当基準を定める事で、持続点滴の必要性を判断する。2.持続点滴の適応基準・全身状態が不安定であり、急変時には静注での処置が必要となる可能性がある患者さん・薬剤を微量で静注する必要がある患者さん・手術・検査などで静注ラインが必要な患者さん・経口または経管から十分な水分を摂取出来ない患者さん・末梢点滴ラインの再確保が困難な患者さん3.持続点滴の不適切な例1)2の適当基準を逸脱した患者さん2)不穏やせん妄で危険行動がある患者さん3)点滴自体が不穏の原因となっている場合4.早期の持続点滴解除に向けたアセスメント看護師は持続点滴開始日からアセスメントフローチャートに基づき、持続点滴適応のアセスメン活動報告―164―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です