社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
178/390

2C病棟1.概要・スタッフ構成概要2C病棟は病床数22床そのうち4床が救命救急センター病床である。ハイケアユニットは病床数8床となっており、一般病床を10床含み全診療科の重症疾患患者さん、救急患者さんの受け入れをしている病棟である。スタッフ構成病棟長:1名主任:1名看護師24名(パート職員含む)准看護師:1名(パート職員含む)看護アシスタント:3名(ICU病棟兼任)病棟クラーク2名看護体制・勤務体制日勤:8:30〜17:15夜勤:17:00〜8:452交代制救命救急病床4床・・・・・4:1看護体制夜勤1名ハイケアユニット8床・・・4:1看護体制夜勤2名一般病床10床・・・・・・・7:1看護体制夜勤2名診療科目とベッド数2C病棟病床数22床ハイケアユニット病床8床・・・大部屋4人部屋2室一般病床10床(2床は感染症で個室隔離が必要な患者さんの受け入れの為、独立換気を設置している。)救命救急病床4床・・・4人部屋1室主な入院患者さん肺炎、心不全、呼吸不全、消化管出血、胃潰瘍、胆管炎、腸閉塞、虫垂炎、多発外傷、急性膵炎、骨折・意識障害、心臓血管外科術後、精神疾患など2.今年度の取り組みと成果「複数科が混在する急性期病棟において、緊急入院に迅速に対応するため、JCI基準に則った5Sを念頭に、病棟内における機能的で整理された職場環境の整備と、医療機器、医療材料の十分なコスト管理を行う」を部署目標に取り組みを行った。病棟内の様々な医療機器、物品などをJCI基準に則って効率的、目的別にそれぞれの収納へと整理した。医療材料、物品の定数については、過去の請求状況を確認し、過剰な在庫を置くことがないよう定数再確認を行った。今後の方向性として病棟内の一部改築も検討されており、JCI認定に向けて様々な検討がされる中、基準を満たした整理を行いながら、機能的で整理された職場環境となるよう努力したい。(小澤きよみ)活動報告―162―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です