社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
176/390

・2011.11.5第10回日韓合同細胞診合同会議「CytologyofAdenoidCysticCarcinomaoftheBreast,aReportofTwoCases.」石橋恵津子・2012.3.7平成23年度全国病院経営管理学会臨床検査業務委員会アンケート報告「強みを活かせる臨床検査室を構築するために」忠地花代(2)研究会講師・2011.8.18第22回スキルアップセミナー「HbA1Cの国際標準化」髙山政幸「糖尿病の検査」―基礎講座―唐澤枝里子・2011.10.29糖尿病療養支援いずみ会「糖尿病腎症」唐澤枝里子・2011.11.6第3回生理研究班研修会頸動脈検査の基礎事項と走査法のポイント上田明希子(実技サポート)上野里奈・2012.2.4糖尿病療養支援いずみ会「糖尿病網膜症」唐澤枝里子・2012.2.11和光・甲信セミナー「LABOSPECT008で経験した異常事例」原博明・2012.2.15第46回病理組織研修会「平成23年度アミロイド染色精度管理報告」中野聡(伊丹川裕子)●病理科●病理科1.概要・スタッフ構成統括医長:1名後期研修医:1名非常勤医師:信州大学1名、京都大学1名、金沢医科大学1名2.今年度の取り組みと成果検体数:組織診検査6,006細胞診検査10,945解剖件数131.各科cancerboardに参加(乳腺、泌尿器科、呼吸器科、消化器各1回/週)2.解剖CPC6回開催3.消化器早朝カンファレンス45回開催4.ホルマリンの院内運用を変更し払い出しを一本化5.切り出し室を改築し、検体処理スペースの拡充(二倍)、空気中ホルマリン濃度法定基準以下を達成6.各科学会支援35件活動報告―160―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です