社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
174/390

臨床検査センター1.概要・スタッフ構成病理科と検査科からなり、両科が協力して臨床検査センターを運営する。臨床検査センター長(病理科統括医長兼任)1名臨床検査センター副センター長1名2.今年度の取り組みと成果1.臨床検査センター会議(他部門と協働して開催)4回開催2.臨床検査の適正化委員会2回開催3.部署内R-CPC8回、および院内R-CPC2回を開催。3.学術・研修病理科および検査科に記載(樋口佳代子)●検査科●検査科1.概要・スタッフ構成(1)概要24時間365日緊急対応可能な体制をとり臨床検査を行っており、質の高い適切な臨床検査データを提供するために専門スタッフ育成に取り組んでいる。(2)スタッフ構成臨床検査技師41名(内パート2名)、事務パート2名計43名(3)勤務体制①緊急検査夜勤(1名)17:40〜10:00②超音波・心カテ夜勤(1名)16:40〜9:00③PSG夜勤(1名)17:40〜10:00④待機(2名)解剖(1名)緊急検査夜勤者バックアップ2.今年度の取り組みと成果(1)勤務体制変更平成23年3月より開始した超音波・心カテ夜勤体制を継続して実施している。夜勤業務の負担軽減のため生理検査スタッフのみで行っていたPSG夜勤のフォローを行うため、検体検査スタッフのPSG検査研修を始めPSG夜勤のフォローを開始した。(2)院内R-CPCの実施9月22日(木)19時〜20時研修医を含めて22名参加3月8日(木)19時〜20時研修医を含めて23名参加(3)研修医の指導研修医1年次に採血、超音波、輸血、グラム染色、尿沈渣を指導。活動報告―158―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です