社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
168/390

放射線画像診断センター1.概要・スタッフ構成概要単純写真やCT、透視、血管造影といったX線を使った画像診断全般と、MRI検査を行っている。CT及びMRIは全例、他の検査は依頼のあるものについて読影診断を行っている。連携医からの依頼に対応し、CT、MRI検査と読影を行っている。スタッフ構成1.放射線診断科医師4名(内2名はPETセンター兼務)2.診療放射線技師33名(内パート21名)3.看護師7名(内パート2名)4.事務職2名(内パート1名)2.今年度の取り組みと成果検査実績平成23年度検査件数総件数単純撮影造影検査血管撮影CT検査MRI検査骨密度検査件数144,85891,9711,9631,43837,47111,344678前年比99.8%98.9%98.8%94.1%101.8%100.0%120.9%「一刻も早い診断のために、高度な画像情報をいつでも確実に提供する」「最新鋭の画像診断機器をもって地域医療に貢献し、県内の画像診断の先陣となる」を目標に、チームワークによる質の高い画像の提供と、安心して検査が受けられる環境整備のため、スタッフが一丸となって取り組んでいる。センター内のホームページを作成し、規定や手順書、勉強会の内容などを誰でもすぐに確認できるようにした。JCI取得を目指し、読影等の業務を文書化し、マニュアルに必要事項を盛り込んだ。(小口和浩)●ポジトロン断層撮影センター●ポジトロン断層撮影センター1.概要・スタッフ構成(ア)概要①当PETセンターでは、FDGを用いたPET/CTによる悪性腫瘍診断を行っている。②検査は、当院で診療中の悪性腫瘍患者さんに加え、中心地区の病院を中心に県内の医療機関からの紹介患者さん(紹介率74%)、保険適用外の自費診療、および健康センターでのドックを行っている。(イ)構成スタッフ①PETセンター職員医師2名(センター長、医長)②放射線部門常駐放射線技師3名:放射線科技師でチームを作って運用③サイクロトロン運転-薬剤合成1.住重加速器サービスからの出向1名活動報告―152―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です