社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
166/390

泌尿器科1.概要・スタッフ構成平成23年6月までは、昨年度に引き続き、杉本貴与、矢ヶ崎宏紀、山口建二の常勤医師3名体制であったが、7月、山ノ井万里子医師が、関東労災病院より泌尿器科医師として着任し、以降、常勤医師4名体制で診療を行った。信州大学泌尿器科学教室から非常勤医師が派遣され、月・水・金曜の外来診療の一部を担当した。外来診療は月曜、水曜、木曜、金曜を2診制で、火曜を1診制で、下表のような体制で運用した。週間外来担当医月(2診)火(1診)水(2診)木(2診)金(2診)①診信大医師(午前・午後)杉本/山ノ井信大医師(午前・午後)山ノ井(午前)杉本(午後)信大医師(午前・午後)②診山口(午前・午後)矢ヶ崎(午前)杉本(午後)矢ヶ崎(午前)山口(午後)山口(午前)矢ケ崎(午後)手術は、例年と同じく、火曜日の午前に全身麻酔下の手術を施行し、月・水・金曜日の午前中と火曜日の午後に脊椎麻酔下の手術を施行した。また、月・水・木・金曜日の午後に体外衝撃波腎尿管結石破砕術(ESWL)を施行した。2.今年度の取り組みと成果平成23年に施行した主たる手術の件数は、下表の通りであった。主たる手術件数体外衝撃波腎尿管結石破砕術(ESWL)265腎・尿管悪性腫瘍手術21腎摘出術2経皮的腎瘻造設術2経皮的腎嚢胞穿刺術1経尿道的尿管砕石術(TUL)24経尿道的尿管ステント留置術57経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)98経尿道的膀胱砕石術18膀胱瘻造設術3膀胱部分切除術4膀胱全摘除術+回腸導管造設術1膀胱内凝血除去術2膀胱破裂閉鎖術2根治的前立腺全摘除術27活動報告―150―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です