社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
164/390

ションと住宅改修を含めた環境調整案の提案により、転倒などの事故を回避し、より安全な在宅生活を支援している。⑤高次脳機能障害者の診断と認知リハビリテーション:長野県高次脳機能障害者支援事業拠点病院として、高次脳機能障害に関する相談・診断・認知リハビリテーションの提供を行っている。対象リハビリテーション科・脳神経外科・神経内科に入院、または通院されている脳卒中・頭部外傷・パーキンソン病などの神経難病や廃用症候群の患者さんスタッフ構成理学療法士:20名(うちSCU専従:3名)作業療法士:21名(うちSCU専従:1名)2.今年度の取り組みと成果①リハビリテーション実施状況(ア)入院対象者�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(イ)外来対象者���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������②スタッフ教育・育成のためのシステムの整備脳卒中急性期リハビリテーションを提供する上で、必要となる知識や技術を求められるスタッフの能力ごとに分類することで、各スタッフが効率的に自己研鑽を行うことができるシステムについて見直した。また自己評価と上司評価に加えて、自身が指導したスタッフからの評価も加えた360°評価を行うなど、効果的な教育システムについて整備をした。③治療成績の蓄積と効果的支援の構築に向けたデータベースの整備脳卒中に対する急性期リハビリテーションの効果として、麻痺などの運動機能・歩行や日常生活動作能力・高次脳機能に対する変化などが期待される。活動報告―148―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です