社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
162/390

原寛美:コクランレビューUpToDateRoshandasNairetal:Cognitiverehabilitationformemorydeficitsfollowingstroke.CochraneDatabaseofSystematicReviews2007,Issue3.分子脳血管病2011年7月号(Vol.10no.3),先端医学社原寛美:急性期リハビリテーション運動麻痺ステージ理論に依拠した急性期リハビリテーション.宮野佐年,三上真弘編集全日本病院出版会MonthlyBookMedicalRehabiliatation「実践脳卒中リハビリテーション」,pp.2-8,2011原寛美:急性期から開始する脳卒中リハビリテーションの理論と実際.臨床神経51:1059-1062,2011・著作原寛美(監修著作):高次脳機能障害ポケットマニュアル第2版2刷.医歯薬出版,2012.3.・講演原寛美:急性期から開始する脳卒中リハビリテーションの理論と実際.第9回オホーツク脳卒中研究会学術講演会,2011.10.7.北見市原寛美:記憶障害の臨床とリハビリテーション.2011.9.18.金沢医科大学附属氷見市民病院原寛美:ニューロリハビリテーション.第3回備後地域リハビリテーション研究会,2011.9.16.福山平成大学原寛美:急性期から開始する脳卒中リハビリテーションの理論と実際.湖北の脳卒中診療を考える会,2011.8.27.長浜市原寛美:急性期から回復期にかけての脳卒中リハビリテーションのすすめ方.北多摩脳卒中連携パス協議会講演会,2011.5.30.東大和病院原寛美:急性期から始まり,永続する回復期を,リハビリテーションはどのように支えることができるか?リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011,2011.10.27.熊本市原寛美:高次脳機能障害診療における医療機関の役割.日本医療社会福祉協会交通事故被害者生活支援研修(長野会場),2011.12.17.NHOまつもと医療センター松本病院原寛美:急性期から開始する脳卒中リハビリテーションの理論と実際.第19回北九州リハビリテーション医会.2012.1.19.小倉原寛美:高次脳機能障害支援普及を進める上での課題.静岡県高次脳機能障害講演会,2012.1.29.浜松市(聖隷三方原病院)原寛美:ニューロリハビリテーションに堪えうる理学療法であるために.(社)日本理学療法士協会神経理学療法研究部会研修会,2012.2.17.東京工科大学蒲田キャンパス原寛美:慢性期脳卒中の診療とリハビリテーション.第12回信州在宅医学懇話会・在宅広場,2012.2.25.原寛美:脳卒中運動麻痺回復ステージに依拠したリハビリテーションのすすめ方.FightingVascularEventsinNIIGATA,急性期からの脳卒中リハビリテーション最前線,2012.3.1.新潟原寛美:脳卒中リハビリテーションの新しい理論と方法―TMSについて―.相澤病院脳卒中治療公開講座,2011.10.16.・学会発表原寛美:ニューロリハビリテーションの新展開.第31回脳神経外科コングレスプレリミナリーセッション.2011.5.4.横浜国際会議場原寛美:シンポジウム神経変性疾患と脳卒中のリハビリ;理論と実践急性期から開始する脳活動報告―146―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です