社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
159/390

表1.総手術件数12クリッピングくも膜下出血脳血管障害3その他0血管内手術15脳腫瘍2摘出術脳動静脈奇形11血管内手術26クリッピング未破裂動脈瘤8その他17血管内手術血管内手術その他32血管内手術16脳梗塞9(5)脳出血0血管内手術288件合計8DBS11その他74慢性硬膜下頭部外傷3しては神経内科と連携し24時間受け入れ、速やかな診断治療を心がけている。脳卒中に対しては神経内科、リハビリテーション科と、毎朝合同カンファレンスを実施し情報の共有化を図ると共に、リハビリテーションの効果的な介入にて患者さんがより良い状態で退院される事に努めている。脳神経外科分野では脳血管内治療センター、ガンマナイフセンターに加えて、高気圧酸素治療センターがあり、脳腫瘍や脳血管障害・奇形等に関して、治療の選択肢が広いとともに、神経内科と共同してパーキンソン病に対する深部刺激手術に積極的に取り組んでいる。このように患者さんに最適で最新の治療を提供できる脳神経外科であるように心掛けている。シミュレーションセンターに顕微鏡下血管吻合手術のできる設備を持ち、若手医師の教育体制を整えると共に、信大からの研修医と海外からの留学医師を受け入れ、教育活動や研修に力を入れている。脳外科医7名(脳外科専門医6名、脳卒中専門3名、脳血管内治療専門医2名、救急専門医1名、リハビリテーション臨床認定医1名)2.今年度の取り組みと成果手術治療は血管内治療63件を含め、総数288件となった(図1)。開頭術の内訳は脳腫瘍15件、動脈瘤クリッピング術38件(くも膜下出血12例、未破裂動脈瘤26例)、脳内出血9例、虚血性脳血管障害16例等で、開頭術に関しては前年度に比較して脳腫瘍はほぼ同じで、くも膜下出血は減少し未破裂動脈瘤は増加となった。表2、表3のように血管内治療も施行しており、合計でもくも膜下出血は減少し、未破裂動脈瘤が増加となっていた。くも膜下出血の根治手術に関しては、2010年は血管内治療症例が増加し、1/3を占め、2011年ではクリッピング術よりも症例数が多かった。定期手術より脳内出血や虚血症例などの緊急手術が多い傾向は継続している。パーキンソン治療に対する深部脳刺激治療は例年とほぼ同数であった。�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������相澤病院―143―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です