社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
154/390

������������������������������������������������������������������������������������������2011年度治療疾患腸閉塞13例一酸化炭素中毒12例脳梗塞10例骨髄炎6例脳浮腫2例コンパーメント症候群2例網膜中心動脈閉塞2例眼動脈血流不全2例化膿性錐体炎1例糖尿病性壊疽1例放射線性直腸炎1例軟部組織損傷1例(北澤和夫)●神経内科●神経内科1.概要・スタッフ構成2004年4月より神経内科が開設され、2005年6月より常勤2名体制となったが、2007年4月1日より常勤1名となった。2009年4月より佐藤宏匡専門研修医が加わり再び2名体制となった。パートで笹原悦子医師(神経内科専門医)が外来診療に加わったが産休に入り、2012年4月より外来診療に復帰した。2011年4月より道傳整専門研修医が常勤に加わった。同時期から佐藤医師が国立精神・神経医療研究センターに1年間の予定で研修出向。2012年4月からは相澤病院内勤務に戻っている。スタッフ統括医長橋本隆男昭和57年信州大学卒日本内科学会専門医日本神経学会代議員日本臨床神経生理学会評議員日本ニューロモデュレーション学会評議員日本認知症学会専門医専門研修医道傳整2005年筑波大学医学部卒2007年聖霊浜松病院卒後臨床研修終了2011年より相澤病院神経内科佐藤宏匡2007年宮崎大学医学部卒2009年相澤病院卒後臨床研修終了2011年4月〜2012年3月国立精神・神経医療研究センター後期研修レジデント2012年より相澤病院神経内科パート医師笹原悦子1998年富山大学医学部卒神経内科専門医活動報告―138―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です