社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
142/390

スポーツ障害予防治療センター1.概要・スタッフ構成スポーツ障害に対する治療、外傷後のスポーツ復帰サポート、障害予防のための運動処方、メディカルチェックが主な診療内容となるセンターである。的確な診断と的確なスポーツリハビリテーションによる積極的保存療法が、当センターの特色となる。けがに対する治療だけでなく、その予防法、復帰に向けて、トータルにスポーツ障害を捉えていくことを特徴としている。担当医師1名、理学療法士6名で治療を行っている。担当医師は、日本体育協会公認スポーツドクターの資格をもち、院外でもスポーツサポート活動を行っている。日本スケート連盟スポーツドクターとして、トップアスリートの診察、海外遠征帯同を行っている。また、県内スポーツに対しての啓蒙活動として、長野県スキージュニア強化選手に対するメディカルサポート、高校野球チームに対する障害予防活動なども行っている。2.今年度の取り組みと成果新規患者数は、下記図のごとくである。�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������スピードスケートナショナルチーム支援�メディカルチェック(保険外)高校野球硬式野球部小諸商業、丸子修学館、深志高校、上田染谷高校大学硬式野球部松本大学高校スケート部市立長野高校�いすゞ自動車技能五輪サポート(保険外)�1週間滞在リハビリテーション6名すべてスピードスケート秋田、山梨2、山形、東京(専修大学)2名�短期滞在リハビリテーションスピードスケート(北海道)3日間、クラシックバレエ(長野市)3日間―126―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です