社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
126/390

(2)クリニカルパス使用実績消化器内科として40個のDPC対応クリニカルパスを作成し、平成23年4月〜平成24年3月までに、消化器内科新入院患者さん2,610人に対し1,396人(適応率53.5%)に使用した。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(五十嵐亨)●技術科・看護科・事務課●技術科・看護科・事務課1.概要・スタッフ構成内視鏡センターは23年度の組織一部変更に伴い、従来の看護部管轄から、看護科・技術科・事務課の3部門の構成となり、看護師・臨床検査技師・看護アシスタント・受付事務の多職種が協働しながら、種々の内視鏡検査、治療に携わっている。当センターでは、上下部消化管内視鏡検査や、消化管の内視鏡的止血・ポリペクトミー・内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)・胃瘻造設(PEG)などの治療を行っている。また胆道系・膵臓の内視鏡としてはERCP・ERCPを用いた治療を行い、肝臓では、消化管X線検査でPTCDなども実施している。更に消化器科ではないが気管支鏡も行うなどがあり、こうした全ての内視鏡検査や治療の介助に携わっている。当院は、24時間365日体制での救急病院であり、当センターにおいても緊急での内視鏡治療に対しては、夜間・休日でも対応出来るように待機体制を取り業務に取り組んでいる。そして、患者さ活動報告―110―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です