社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
123/390

手術アシスタントが看護師のサポートを行うことで、看護師はより患者さんの看護を考える事が出来るようになった。また、待機業務においても平日、休日ともに手術アシスタントを配置することで、看護師の待機回数軽減へと繋がっている。スタッフ構成科長1名手術アシスタント6名日勤8:30〜17:10遅出12:00〜21:30待機平日21:30〜翌8:30休日8:30〜翌8:302.今年度の取り組みと成果看護師の負担軽減を図るため、手術アシスタント部門へ待機制を導入。(横水洋康)●手術事務課●手術事務課1.概要・スタッフ構成手術センター事務課は、外来手術、各科手術コスト入力等が主となる。その他に課長指示のもと、手術必要物品の定数管理等も行っている。手術に必要な物品の定数維持を行い、欠品がないように管理も行っている。スタッフ構成科長1名(手術センター看護科と兼務)事務員2名日勤8:30〜17:102.今年度の取り組みと成果欠員により事務職員1名体制の中、4月より1名職員が配属され、新職員に対し会計に関わる諸種伝票入力及び物品請求・管理業務等を教え、2名体制にて滞りなく業務が行えるようにした。また、入力・物品管理に於いて過不足ない適正な作業が行えるようチェックリストを作成し実施した。(横水洋康)●リカバリー室●リカバリー室1.概要・スタッフ構成リカバリー室は、手術前にご家族との時間に余裕を持って過ごしていただき、手術を受けられる不安をできるだけ軽減することを目的としている。また日帰り手術患者さんの術後の環境を整え、安心して療養されるよう援助することも目的としている。外科・整形外科・泌尿器科・腎臓内科・形成外科・脳外科・循環器内科の患者さんを対象とし、術前術後の経過観察を行っている。スタッフ構成科長1名(手術センター看護科と兼務)主任1名看護師常勤1名日勤8:30〜17:10相澤病院―107―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です