社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
119/390

〈今年度新しく取り組んだこと〉外来手術の説明書を新たに18種類作成した。3.学術・研修論文発表・吉村豪兼、坂口正範:敗血症性ショックを生じた急性喉頭蓋炎の1例.耳鼻咽喉科・頭頸部外科83:423-426,2011・吉村豪兼、坂口正範、福岡久邦、塚田景大、宇佐美真一:めまいを主訴とした多発性硬化症の1例.EquilibriumRes70:245-249,2011・岩佐陽一郎、坂口正範、吉村豪兼、宇佐美真一:耳下腺内に多発した顔面神経鞘腫例.耳鼻臨床104:797-801,2011学会発表・坂口正範、岩佐陽一郎、小口和浩:PET異常集積にて当科に紹介された症例の検討.平成23年5月29日、第186回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会(松本市)・岩佐陽一郎、坂口正範、吉村豪兼、宇佐美真一:耳下腺内に多発した顔面神経鞘腫の1例.平成23年6月23日〜24日、第73回耳鼻咽喉科臨床学会(松本市)・市瀬彩、坂口正範、岩崎聡:治療に難渋した後期高齢者喉頭悪性線維性組織球腫の1例.平成24年3月11日、第188回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会(松本市)座長・坂口正範:平成23年6月11日、第37回日本耳鼻咽喉科学会全国身体障害者福祉医療講習会第3部人工内耳と難聴児の子育て(松本市)・坂口正範:平成23年12月1日、第7回信州耳鼻咽喉科臨床問題懇話会、症例検討(松本市)・坂口正範:平成24年3月11日、第188回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会、第2群(松本市)(坂口正範)相澤病院―103―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です