社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
106/390

2.今年度の取り組みと成果(1)JCI病院機能評価受審準備と日本医療機能評価機構の付加機能評価「救急医療機能評価」Ver2.0認定・各業務マニュアルの見直し・規定類の見直し・トリアージナース導入(2)院内活動・救急医療普及チーム1名・相澤DMAT1名(3)長野救命医療専門学校救急救命士科学生2011.6.6〜7.13名東亜大学医療工学科救急救命士学生2011.7.4〜8.52名3.学術・研修(1)救命救急に関連する各研修コースへの参加を個々の意欲に応じて積極的に受講している。(2)救命救急センター看護師が持っている救命士以外の医療資格・インストラクター資格等・AHA-BLSインストラクター1名・救急医学会認定ICLSインストラクター1名・JPTECインストラクター1名・ITLSインストラクター1名・ISLSインストラクター1名・日本DMAT隊員1名・DMATインストラクター1名《災害派遣》福島原発対応待機DMAT《緊急車両走行運転講習》合計5名受講※各種資格・インストラクター資格取得に向け現在も活動しているスタッフ多数。(3)救急隊との症例検討会院内外傷チームとタイアップして、北アルプス広域消防と松本広域消防、中信地区の病院スタッフと交えて4回、症例検討会を実施した。(4)学会発表・講演講師《学会発表》・日本臨床救急医学会・日本集団災害医学会《講演》・神奈川大学法学部災害医学講義《講師》・厚生労働省日本DMAT隊員養成研修会8回(蛭田昭子)活動報告―90―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です