社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
90/344

症例報告「イマチニブによる薬疹に対してステロイドを併用したイマチニブ投与でCRを得た胃GIST多発再発、腹膜播種の一例」相澤病院外科塚田祐一郎先生「イマチニブ耐性となった胃GIST腹膜再発に対しスニチニブが有効であった一例」相澤病院外科平野龍亮先生講演「GIST:診断と治療の最前線」大阪大学大学院消化器外科助教黒川幸典先生・第14回中信がん治療セミナー平成22年10月16日於:松本勤労者福祉センター(一般の方を対象参加人数:296名)講演「がんに打ち勝つ」女優仁科亜季子先生・第15回中信がん治療セミナー平成23年2月18日於:ホテルブエナビスタ(医療関係者対象参加人数:108名)「がん医療における副作用対策」をメインテーマとして講演「がん薬物療法と支持療法」福岡大学薬学部講師・福岡大学病院副薬剤部長緒方憲太郎先生「がん化学療法の副作用対策〜悪心・嘔吐にどう向き合うか〜」福岡大学病院腫瘍・血液・感染症内科医局長佐々木秀法先生・中信緩和ケア研修会2010年度平成22年11月13日、14日(2日間通しての研修)会場:みやま荘(松本市浅間温泉)参加者:医師10名(相澤病院医師5名、地域医療機関の医師5名)コメディカル4名(看護師4名、薬剤師3名、)「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成20年4月1日付け健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)に準拠した研修会。(稲葉康則)活動報告―80―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です