社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
88/344

(稲葉康則)●事務部●事務部1.概要・スタッフ構成がん集学治療センター事務部はセンター利用者の受付・会計その他一般的な医療事務を行う事務課、院内がん登録、地域がん登録、臓器別がん登録や各種統計業務を行う統計・調査課、そして化学療法科を中心に行われている臨床研究を担当するがん臨床研究管理課から構成されている。2.今年度の取り組みと成果平成22年度の実績としては、化学療法科外来受診者数3,830名、外来化学療法実施者数2,938名、緩和ケア科と緩和ケアチームが係わった患者数1,443名、トモセラピー治療回数5,097回(数はすべて延べ数)であり、19年の現施設での稼働後着実に増加傾向を示している。また、22年3月3日付で地域がん診療連携拠点病院の更新認定を頂き、2013年度稼働を目指して陽子線治療装置の導入も決定され、更なる地域がん医療への貢献を進めている。がん臨床研究管理課においては3月末時点で実施中の臨床試験は18試験である。専従のCRCを配置し、責任医師との連携を強化し、スムーズに臨床試験が遂行出来るように配慮している。実施臨床試験については以下のとおりである。活動報告―78―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です