社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
78/344

年10月から京大呼吸器内科より)、山口(長野県より出向研修、平成24年3月までの予定)嚥下摂食障害治療科非常勤:上沼日本リハビリテーション医学会教育研修施設、日本脳卒中学会研修施設・平成22年度日本リハビリテーション医学会専門医・認定臨床医試験結果(平成23年3月施行)専門医滝澤合格、認定臨床医山口合格2.今年度の取り組みと成果退院患者数と内訳急性期脳梗塞201名、急性期脳出血103名、高次脳機能障害16名、嚥下障害(仮性球麻痺、球麻痺)29名、頭部外傷16名、症候性てんかん4名、廃用症候群14名、TMS治療目的片麻痺48名、慢性期脳血管障害片麻痺57名、ALS1名、脊髄小脳変性症1名、低酸素脳症1名、肺炎2名、心不全2名、その他8名脳卒中上肢手指麻痺改善のための経頭蓋磁気刺激TMS(TranscranialMagneticStim-ulation)治療の導入慈恵大リハ医学教室により開発された、脳卒中上肢機能改善のためのTMSと集中OTプログラム(NEURO-15、脳梁を介する半球間の抑制理論を用いた健側半球抑制とCI療法の理論を導入)を、臨床研究として当院倫理委員会の承認を経て、さらに慈恵医大第三病院におけるOTの研修を行い、平成22年8月より開始した(慈恵医大リハ科関連病院としての治療プログラム導入)。15日間入院クリニカルパスにて平成23年3月末までに脳卒中慢性期片麻痺患者48名(月平均7名入院の実績)に実施し、その安全性の確認と、治療効果を確認した。全症例において複数の評価項目で上肢手指機能の改善を得ることができた。平成23年4月以後も継続しており、脳卒中後上肢手指麻痺改善のルーティンの治療法として確立をすることができている。当初には東京、沖縄、岩手県、新潟県、静岡県、岐阜県など県外からの患者層(慈恵医大リハ科受診後の当院への紹介患者さん)が過半数を占めたが、現在は県内の患者さんが希望し受診しており6〜7ヶ月先の予約となっている。従来のリハビリテーションの技術では、上肢手指麻痺の改善には明らかに限界が存在していたが、このNEURO-15の導入により新しいNeuromodulationに依拠した機能回復可能性を提供できることとなった。下図は治療成績の一部(左:簡易上肢機能検査STEF前後成績、右:FuglMeyerAssessment上肢機能評価前後成績)である。����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������4.5�up 4.7�up 活動報告―68―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です