社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
75/344

睡がありながら電解質異常および血圧低下を欠いた慢性透析中に生じた重症副腎不全の1例.第127回日本内科学会信越地方会,2010.11.13.8.小清水宏行,舩瀬芳子,田内克典,樋口佳代子,相澤徹.著しい高血糖を契機に発見された非機能性悪性膵内分泌腫瘍の1例.第48回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,2011.1.29.講演・講義・指導相澤徹.あなたも一病息災!第7回糖尿病フォーラムin佐久,2011.2.26.学会座長相澤徹.第53回日本糖尿病学会年次学術集会ランチョンセミナー38,2010.5.27〜29.髙須信行.第53回日本糖尿病学会年次学術集会,2010.5.27〜29.相澤徹.第10回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,2010.7.3.髙須信行.第60回日本体質医学会総会,2010.10.16〜17.相澤徹.第45回糖尿病学の進歩,2011.2.18〜19.論文1.AizawaT,KatakuraM,NakaM,KondoT.Postprandialhyperglycemiaisanindependentriskforretinopathyinelderlypatientswithtype2diabetesmellitus,especiallyinthosewithnear-normalglycosylatedhemoglobin.JAmGeriatrSoc2010;58:1408-9.(lettertotheeditor)2.相澤徹.高齢者糖尿病治療の至適HbA1c―私の考え.糖尿病診療マスター2010;8:507-12.3.AizawaT,FunaseY.Interventionattheveryearlystageoftype2diabetes.Diabetologia2011;54:703-4.(lettertotheeditor)著書1.内分泌代謝疾患.糖尿病.相澤徹,駒津光久,山内恵史.泉孝英(編),ガイドライン外来診療2010,日経メデイカル開発,東京,192-209頁,2010.2.インスリン分泌におけるKATPチャネル非依存性経路の役割.駒津光久,相澤徹.門脇孝(編),糖尿病ナビゲーター(第2版),48-49頁,メデイカルレビュー社,東京,2010.3.高齢者の糖尿病.相澤徹.日本糖尿病学会(編),科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010,219-230頁,南江堂,東京,2010.(相澤徹)●泌尿器科●泌尿器科1.概要・スタッフ構成昨年度までは矢ヶ崎宏紀、山口建二の常勤医師2名体制であったが、4月、杉本貴与医師が、舞鶴共済病院より泌尿器科医師として着任し、平成22年度は常勤医師3名体制で診療を行った。信州大学泌尿器科学教室から非常勤医師が派遣され、月・水・金曜日の外来診療の一部を担当した。外来診療は、月曜(午前・午後)、水曜(午前・午後)、木曜(午前・午後)、金曜(午前・午後)を2診制で、火曜(午後)を1診制で、下表のような体制で運用した。相澤病院―65―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です