社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
326/344

スタッフ開店当初は、店長:1名、スタッフ:4名(常勤1名、パート3名)であったが、早朝から夜まで安定したサービスが提供できるよう人員の見直しを行った。4月、6月各1名のパートを増員し、7名体制一日2交替制で運営している。2.今年度の取り組みと成果(1)年間売上額:¥149,284,554(2)年度最終利益:¥17,129,328�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������通年の運営は22年度が初めてであったが、法人事業部門としての当初目標は達成できたものと考える。(3)年間の主な取り組みは次のとおりである。2010年4月・売れ筋商品の発注目安表を作成・パート1名増員2010年6月・レジスター更新(東芝TEC製レジスター2台導入)・パート1名増員・アンケート台の設置2010年7月・各商品エリアの担当者を決定2010年8月・ERにおける浴衣の新運用開始に伴い売掛販売開始・店内空調設備増強工事2010年9月・ヤマザキ製パン総合展示会参加(東京都)・在庫管理の「見える化」について検討、実施・前期末実地棚卸し実施2010年11月・耐火金庫更新・職員用常備薬の代金回収開始2010年12月・開店一周年セール実施(おにぎり・サンドイッチの特売)・クリスマスケーキの予約販売、店頭販売2011年1月・正月に福引き実施・ポイントカード導入試行・他病院内売店の視察(福島県2店舗・茨城県1店舗)2011年2月・e-Learningによる売店アンケート調査実施2011年3月・東日本大震災の影響により、一部商品の欠品、品不足発生・備蓄品の緊急確保・年度末実地棚卸し実施3.学術・研修2010年9月・ヤマザキ製パン(株)主催の総合展示会に参加(東京都江東区)2011年1月・東北・北関東地方病院の同系列売店3ヶ所の視察財団法人竹田綜合病院(福島県会津若松市)活動報告―316―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です