社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
318/344

ssiサポートセンターからの案内対応診療書類関連、依頼に応じて各種フォーマットの作成・変更。2010年04月眼科システム導入2010年09月e-ラーニング稼働2011年02月2010年度地域診療情報連携推進事業稼働−地域在宅医療支援センター電子カルテ稼働−居宅介護支援システム稼働−訪問看護・介護請求システム稼働−通所・介護請求システム稼働−Webによる主治医へのカルテ及びバイタル情報の開示2011年02月麻酔チャート稼働2011年02月麻酔チャートへの血液ガス機器オンライン稼働2011年02月化学療法システム稼働2011年02月歯科電子請求開始2011年02月看護計画リプレース2011年03月褥瘡管理システム稼働2011年03月文書管理検索機能対応(熊井達)人事部1.概要・スタッフ構成人事部は人事グループ7名、秘書グループ4名、全体を統括する部長が1名で総勢12名により構成されている。2.今年度の取り組みと成果(1)採用各部門の年度計画に基づく人員計画を達成させるために積極的な採用活動を行い、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、診療放射線技師、介護支援専門員、臨床工学技士等の充実を図ることができた。10月より病床数が31床増床されたので、看護師の採用については、中途採用にも力をいれた。(2)ジョブ・カード制度を活用した看護師の再就職支援昨年度より看護師の再就職支援として有期実習訓練(3ヶ月)を実施し、今年度は看護師2名が参加し、3ヶ月の訓練終了後に当院に就職した。(3)相澤医療塾(相澤Ai塾)「次世代の経営を担うリーダーの育成」を目的とした「相澤Ai塾」で、塾生55名が相澤理事長から熱気溢れる薫育を受けた。(4)ワークライフバランスの推進相澤病院で導入している「リフレッシュ休暇」が厚生労働省の「従業員と企業を活性化する休暇制度」の冊子とホームページに紹介された。活動報告―308―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です