社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
308/344

テーマは「麻薬の管理・使用状況調査」、「注射薬のミキシング運用状況と環境調査」、「モニターの取付け理由と管理状況調査」とした。病棟の実態を知る上で有用であり、今後は病棟のスタッフの参画も得て、継続的に実施する予定である。⑤診療行為に関連した有害事象の検討会の実施死亡症例を中心に振り返りの検討会を8回実施した。⑥医の倫理委員会・新手技導入委員会の開催臓器移植法改正への対応などを議題に、医の倫理委員会を3回、別件で新手技導入委員会を2回開催した。⑦患者満足度調査の実施平成17年度以降毎年10月に実施しており、22年度は6回目の実施となった。調査は外来2日間、入院4週間にわたり、外来・入院関係職員のほか、法人事務局職員の協力を得て、アンケート用紙の配布・回収を行い、実施機関に統計処理を依頼した。調査の結果、入院95.75%、外来91.95%と引続き高い評価をいただくことができたが、コミュニケーションや気配りなどソフト面での課題が浮き彫りになった。なお、相澤健康センターにおける顧客満足度調査にも着手した。⑧ご意見箱の活用外来ロビー、病棟など23ヶ所に設置してあるご意見箱から、利用者様からの手紙を毎日回収し、接遇や業務改善に活用している。22年度の回収延べ件数は189件で、内訳の上位は感謝・御礼が28%、説明・接遇に関すること22%、待ち時間に関すること14%であった。これをもとに、外来受付や診察時等の対応について、担当部門とともに改善に努めた。また、ご意見をいただいた方には、内容に応じ礼状や回答書を出状した。�����������������������������������������������������������������������������������������������⑨JCI認定取得に向けての実態調査JCI認定規格第1章、国際的患者安全目標に掲げられている6項目「正確な患者確認」、「効果的なコミュニケーションの向上」、「要注意薬剤の安全管理の向上」、「手術する部位、手技、患者の取り間違いの排除」、「院内感染のリスク低減」、「患者の転倒による受傷リスクの低減」について、12月以降、期待水準と現状とのギャップについて初期の分析を行い、改善必要点を抽出した。活動報告―298―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です