社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
307/344

��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������②職員研修関係・全職員を対象に「迷惑行為・院内暴力に関する研修会」「医療者間のコミュニケーションエラーとチーム医療」「ルールを遵守することの大切さ」についてセミナーを実施。・新任医師を対象に医療安全管理に関する「ドクターズガイダンス」を実施。・定期、中途入職者(全職種)を対象に医療安全に関する研修の実施。・看護師を対象に「医薬品安全管理、危険な薬剤に関する研修会」の実施。・看護補助者を対象に「看護補助者の業務と医療安全」に関する研修の実施。・介護福祉士を対象に「介護福祉士の業務と医療安全」に関する研修の実施。・日本医療機能評価機構等が主催するコンフリクトマネジメント研修の受講促進。・健康センター職員を対象とした医療安全研修の実施。他③安全キャンペーンの実施「ルールを守る」をテーマに、12月に実施した。�������������������������(キャンペーンカード)スローガンは「医療の安全はルールとマナーを守ったあかし!」として、キャッチコピー入りのティッシュを職員全員と入院患者さんに配布した。スローガンを印刷したキャンペーンカードを、院内の全てのパソコンに貼付して、枚数の府番管理を行うとともに、各部署で具体的な取組み課題を設定して運動に取組んだ。ルールに対する注意力の喚起は反復・継続課題である。(ラウンド風景)④院内ラウンドの実施医療安全推進部の職員に医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者を加え4チームを編成し、テーマを決めて後期から病棟ラウンドを3回実施した。各法人事務局―297―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です