社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
306/344

平成22年度も法人経営会議を毎週木曜日開催し、理事長の方針と施策を強力に、かつ迅速に実現させる体制を継続した。法人各部の共通認識と意思統一を図る意味でも、重要な会議と位置づけている。慈泉会は今や、我が国民間病院のトップクラスの医療の質を誇るリーディングホスピタルと目される存在になっている。経営を過たないためにも法人事務局の的確な運営を図り、より強固な基盤づくりを推進していく。(塚本建三)医療安全推進部1.概要・スタッフ構成医療安全推進部は、診療部門医療安全推進担当院長補佐(医師)、医療安全推進部長・副部長・推進役、事務職員(事務)、メディカルコーディネーター(医療安全管理者)2名(看護師、薬剤師)の7名(医師は兼任であるが、6名は専任)体制で、加えて医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者と連携して、医療安全管理・推進活動を行っている。ヒヤリハット・アクシデント報告の運用管理・活用、医療安全に関する職員研修、医療安全に係る各種委員会の事務局、安全情報の提供、医療に関する相談窓口、ご意見箱の管理、カルテ開示業務、患者満足度調査の事務局などが主な業務である。2.今年度の取り組みと成果①ヒヤリハット・アクシデント報告・平成22年度のヒヤリハット・アクシデント報告件数は1,319件(対前年度271件増)であった。提出率の向上していることが件数増の一因としてあげられる。・報告のうち重要な問題を含むと思われる事例、報告レベルが重度ではないが反復して発生している事例については、医療安全推進部と当該部署を交えての症例検討を実施したほか、医療安全管理対策委員会、医療評価委員会、医療の質向上会議で審議・検討を行った。・事案によっては理事長コメントをもとに、発生部署における考え方・取組みの現状・改善工夫策などについて、当部より質問状を出状し理事長報告のうえ対策を講じた。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������活動報告―296―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です