社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
305/344

法人事務局1.概要・スタッフ構成法人事務局は救命救急センター・地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院・臨床研修指定病院・DPC対象病院である相澤病院と相澤健康センター、地域在宅医療支援センター、医学研究研修センターを擁する社会医療法人財団慈泉会の経営中枢として本部機能を担っている。法人事務局は法人の理念・経営方針を具現化し強力に推進するため設置され、法人事務局長(常務理事)の下に、経営企画部、財務部、広報部、総務部、人事部、医療安全推進部、感染対策室、子育て支援事業部、法人事業部、情報システム部、防災施設設備センターの11部体制を敷いている。今期、経営企画部に国際交流推進室を設置して、国際的に通用するJCI認定病院を目指す体制を整えたことが特筆される。国際交流推進室は英語圏、中国語圏の顧客開拓にも注力していく。2.今年度の取り組みと成果法人事務局各部の活動報告は各部長の報告(後掲)による。事務局運営の基本は慈泉会の本部機能が円滑に推進されるよう、各部長の主体性を尊重する中で、報告・連絡・相談機能を活発化し総合的な推進力を発揮させることにある。法人事務局―295―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です